昔の日記はこちらから(2002年10月〜2009年12月)

2017年05月の日記

〜力学〜
今日も暑くなりそうだ。
今朝は湾岸沿い千葉は市川。
アンバイよく物流倉庫が朝日を遮り、のどかな川沿いでひと心地ついている。
エンジンを消し窓を開けていると思わず風が気持ちいい。
物流倉庫をくるっと回るコの字の道路なので、人の歩くような道ではなく行き交う車もない。
昼寝にはちょうどいいのかもしれないけど、まだ朝だからその気も起きない。

今朝の目覚めはよかったんだけど昨夜の寝付きが悪かった。
寝不足だったのですぐと寝落ちするかと思いきや、うまく寝入ることが叶わず漠然と夢の中へ。
ライブの後はいい睡眠がとれないものだ。
ライブは終わったとはいえ、気の張りや気持ちまではコツンとは戻らない。
数日を置いてやっと元のヤサに落ち着いてくる。
ライブというよりも、気持ちの持ちようには疲れてくる時がある。
力み過ぎなんだなぁ。
こういうところがアマチュアだと思う。
力を抜きながら力む。(どっちだ。。)
でもいいんだ。
力を入れることを知らなければ抜くこともできないのだから。
(2017.5.30[火])

〜川のニオイ〜
いつ振りか。
朝からの雨。
久しぶりに見る増水した水無川の濁り。
川に近づくと、かき回された草と泥のニオイがする。
見る自然ではなく感じる自然。
昨日見た、瀬に遊ぶ稚魚たちはどこに身を隠してるのだろうか。

最近は連日の酒が抜けて気持ちも体調もコンディションがいい。
達観した老人のように朝の通勤路を楽しんでいる。
家に帰ると家事もマジメにするようになった。
特別潔癖ではなく、なんなら靴のまま部屋に入られても気にしない性格なんだけど、散らかったモノに潜む”負の気”には神経質かもしれない。
元々が家財の少ない上、ことさら吹き抜けのリビングダイニングの広さが嬉しく、キッチンテーブルの椅子に腰掛け、取り憑かれたようにギターばかり弾いている。
明日はブラシスのリハ。
吸収したもののうち、全部を出すのはなかなか難しいことを知った。
2つ3つ出せればいい。
その2つ3つを出せるように10つ20つ吸収してる。
(2017.5.26[金])

〜毒抜き〜
よく寝た。
目覚めの良さに驚いてしまった。
昨日はドライな日。
アルコール類を一切口にしなかった。
梅干しと麦茶、コーヒーを飲んで本を読みながら寝てしまった。
夢見ず。
今朝は先週末からのアルコール漬けの体から、酒気に絡まり何か憑き物まで抜けたかのよう。
覚醒した五感が研ぎ澄まされ、通勤途中、遠く鳥のさえずりさえも聞き漏らさない。
さえずる前に意識が先に行き、
”あ、やっぱり鳴いた。”
第六感が鳥のさえずる前のブレスまで感じとっているよう。
体も軽く足どりも軽い。
全体的なアンニュイな至福感が、心地いいのか悪いのか、わからない。

昨夜はシラフの時間を持て余し、久しぶりにギターの弦を替えた。
新しい弦だとエレキとはいえ”鳴り”が違ってくる。
音に張りが出るというのか、新調して初めて先の劣化に気づく。
早くそうしておけばよかった、そういうことは何につけてもある。
しばらくオケを流してジョージベンソンごっこをして遊んだ。
いつもやる”観客のいないコンサート”。
こんなことしているとすぐと時間が経ってしまう。
時計が22時を回っているのを見て走って床につく。

今週末もリハとライブで埋まっている。
ゆっくりとそちらに気持ちがシフトしてゆくよう。
もう先週末のことが、遠い昔のことのように思えてくる。
(2017.5.24[水])

〜いよいよ明日はイッキュウライブ〜
昨夜は0時に起きて1時に秦野を発った。
家を出た時、オアシスの赤提灯が灯っていた。
駅の方へ降りずそのまま商店街の道で出勤する。
最近水無川沿いを歩いていない。
最短距離というよりも、人通りを避けて移動する習性がある。(タヌキか。)
5時ちょうどに目的地、三重県は伊賀市に到着。
名神高速の集中工事に伴い、東名阪道で関西方面へ向かう車両が殺到し、交通量が多くてくたびれた。
トラックを停め、さてとヒト心地ついても何もやる気が起きず、大人しくカーテンを閉め布団の上で丸くなる。(ネコか。)

今週はあまりギターを持つこともなく、歌詞の入ったファイルを片手にひたすら暗記のヒトとなる。
考えてみれば、テストなんて簡単だ。
丸暗記したものを書いていけばいい。
歌の場合、暗記したものを歌わなければいけない。
暗記してるだけでは歌えない。
体に入れなければリズムに合わせて口をついて出てこない。
体に入れる作業は時間が必要だ。
あと2日ぐらい寝かせればちょうど体に入る段階まできた。(明日がライブだ。)

いよいよ明日は年に2回のイッキュウライブ。
思えばみんな楽しみながらワキアイアイと続いてる。
みんなでサッカーをやりましょう、だの、駅伝を始めました、だの言ったら大変だ。
その点音楽は、世代関係なく、人種、国境さえも超えてくれる。

当ホームページのライヴスケジュールが更新されています。
毎回アイランドスタジオのあきさんが管理人となり更新してくれています。(いつもありがとうあきさん)
それぞれにバラエティーに富んだフライヤーも添付されています。
おいでくださるのが1番なんですが、目を通して頂くだけでもなんとなく嬉しいものです。
どうぞ今後も松平の音楽活動を見守って頂けたら幸いです。
尚、予約、問い合わせ、激励など随時当ホームページのメールにて受付ていますんで、遠慮なくお問い合わせ下さい。
(2017.5.19[金])

〜酸いも甘いも3人分〜
引越しに追われたGWも終わり、やっとやっと普段の体に戻ってきた昨今。
新しい住居にも慣れ、なんとなく新しい通勤路の風景を、誰にもバレないように楽しんでいる。
元来が根無し草のようなジンセイだったもので、狭いながらも地面を持つ住処に、場違いのような違和感こそ拭えなかったものの、ここに来て5年を見る、亡き相棒こーじ、そしてりえちゃんの、短い期間だったとはいえその家庭に飾られた家財に、また日の目を当てられ、積年の思いを果たせたよう。
5年を経て、残せるものは残し、使わないものはだいぶ処分した。
バイバイと言いつつ、ホコリにまみれたそれらに、なんだか気の遠くなるような、この5年の月日を感じた。
2人の手の加えられた家財やインテリアは残してある。
二階の和室の一間にそれらを配置し、2人が望みそうな室をしつらえておいた。
千の風になった2人のことだから、tears in heavenの歌詞じゃないけど、もうオレが誰だか、オレの名前が何だかわからないだろうけど。。。
今の自分が想像もしてなかった毎日の中にいるようで、まるで自分のことが他人のようで、だからせめてもオレの休まる、寝てる時だけはウソが通用しない、この場所に、それらが在ることに意味がある。

さあ、今夜は新潟へ旅立つ。
有り難い毎日。
酸いも甘いも3人分、たっぷり楽しんで生きていこう。
(2017.5.16[火])


もどる バックナンバー
ログイン   Powered by HL-imgdiary Ver.3.03