昔の日記はこちらから(2002年10月〜2009年12月)

2017年10月の日記

〜今週は丹沢謌山〜
そぼ降る雨、愛知で朝を迎える。
コンビニでコーヒーを購めひと心地。
ここ数日似たような天気。
冬のように寒い。

野外イベントは天候次第の弱点を持っている。
今週の土曜日は丹沢謌山。
週間予報になかなか晴れマークが出てこない。
せめても、雨さえ降らなければと祈るのみ。

来週は久しぶりに本州を離れ、北海道は札幌にてイッキュウのライブ、その後そのまま居残り観光。
秦野へ帰ってくる頃には11月だ。
今週末から11月11日の新横浜ベルズ(久しぶり!)イッキュウライブまでは毎週のようにリハやらイベントが続く。
札幌に行ってる頃、29日(土)には新横浜ベルズで毎年恒例こーじとりえちゃんへの”ひまわりフェスタ”が行われている。
今年は北海道行きが重なり、無念の不参加。
もっと慎重なスケジューリング、他力本願、悔やまれるの一言。
でも、これもいいと思っている。
たくさんの理由をつけ、自分を慰めている。
毎日のことだ。
何もその日に限ったことじゃない。
割り切れぬ思いに目を背ければ、言葉はいくらだって作れる。

自分の音楽活動は、12月23日(土)、鶴巻温泉にある秦野市立宮永岳彦記念美術館での弾き語りワンマンライブが入っている。
そしてこの日を歌い納めとして今年の余生を過ごすつもりだ。
ぜひこの日は観てほしい。
ギター1本の音楽がオレの原点だ。
素晴らしい舞台を頂いたのだから、それには応えたい。
もうそれが叶う時期だと信じている。
(2017.10.17[火])

〜覚めても覚めずとも〜
首の付け根に近い肩がピリピリと痛む。
すっかりと筋肉が緊張してるのがわかる。
長時間の夜の運転、視界を塞ぐ雨。
だけどそれだけが因でないことは、はな承知の旅。
昨夜から新潟に入っている。

シトシトと冷たい雨が降っていて、
夏の部屋着のような服装なので当然寒い。
なんだか今夜は月明かりもないせいか妙に暗い夜で、つげ義春の世界じゃないけど、少し開けてある窓から墨汁のように闇が入ってくるようで、柄にもなく心細い。
こんな夜はおっぱいに抱かれて眠りたい。
一瞬だけでいいから心を解き放ち、赤子に戻りたい夜だってある。

長い長い夢が覚めるのを待っている。
だけど、かけがえのない現実世界もだいぶ歩いてきてしまった。
(2017.10.13[金])


もどる バックナンバー
ログイン   Powered by HL-imgdiary Ver.3.03